女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行う為、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間

2.当社の課題

課題1:女性の採用はできているものの男女の継続勤続年数に差が見られ、管理職に占める女性割合が低い。
      しかし社内規程において差別されるような運用(正社員は全員総合職)はない。

課題2:管理職を目指す女性が少ない。

3.目標

女性社員(主任以上)の管理職登用に向けた計画と育成(社内研修年2回以上の実施)

4.取組内容と実施時期

1:人事評価基準について見直しを図る

平成28年10月~ ・人事評価基準制度について、女性にとって不利な昇進基準になっていないか、
           必要に応じて評価基準を検討する。
          ・管理職の人事評価における長時間労働に是正・生産性向上に関する評価実施。
          ・時間あたりの労働生産性を重視した人事評価による育児休業・短時間勤務等の
           利用に公平な評価の実施
平成29年4月~  ・新人事評価制度本格実施

2:女性職員を対象として管理職育成を目的としたキャリア研修を実施する

平成28年10月~ ・女性に対する研修ニーズの把握のため、アンケートの実施
平成30年3月~  ・アンケート結果を参考とした研修プログラムの計画
平成31年7月~  ・仕事と家庭の両立を前提としたキャリアイメージ形成のため研修実施

3:女性職員が活躍できる社内制度の見直しを行う

平成28年4月~  ・女性が活躍できる職場であることについての求職者に向け積極的広報
          ・非正社員から正社員(総合職)への転換制度の積極的運用
          ・組織のトップからの長時間労働是正に関する強いメッセージの発信
          ・女性職員の現職から他職への配置と、それによる多様な職務経験の付与

以上