MENU

第2回板金塗装技術コンクール全国大会出場

いざ、全国大会へ

2020年1月31日~2月1日ダイハツ工業株式会社サービス部にて第2回板金塗装技術コンクール全国大会が開催され、

板金・塗装・見積りの3部門に分かれ各地区代表選手が日頃の実力を発揮し競技に取り組みました。

板金および塗装の選手は、東日本地区・西日本地区から各3名の板金選手6名、塗装選手6名の出場。

見積りの選手は全国より12名の選手が出場しました。

 

ダイハツ長崎販売株式会社からは、

板金部門に西日本代表としてBP多良見の山崎選手が昨年行われた予選を見事突破し、今回の全国大会への出場を果たしました。

板金競技内容は学科および実技が実施され、

実技はクォータパネルの交換およびドア凹部の板金作業という内容でした。

 

ご家族、会社の応援を背に、山崎選手は緊張の中にも十分な知識と技量を発揮し競技に取り組んでいただきました。

クォータパネルの溶接に取り組み山崎選手

最愛のお嬢さんとの2ショット(コンクール会場にて)

閉会式

全国大会への出場を果たした実力派の山崎選手は、

不幸にも愛車にダメージを受けたお客様の笑顔を取り戻す最高の技術を今後も提供していきます。